家庭教師と塾のメリット・デメリット

自分の将来を見据えたうえで、決められたカリキュラムを立て、それにそって勉強をこなせる子には塾や家庭教師の必要はないでしょう。勉強したい科目の参考書などを購入するだけで十分だと言えます。

しかしそのような子は非常に限られていますよね?大半は嫌々で勉強していることでしょう。では塾と家庭教師のどちらが、より成績UPや受験対策に向いているのでしょうか。これは子供の性格や家庭環境によって大きく変わってきます。

【塾や予備校の特徴】
月謝が安く、集団で勉強をすることになるので競争心が芽生える。また教師は専門的な知識を身につけた大卒の社員や契約社員である場合が多いといったメリットがあります。デメリットは先生が何十人もの生徒を教えることになるため、面倒見が良い環境だとは決して言えない点です。

【家庭教師の特徴】
1対1で勉強を教えてもらえますので、面倒見がよく、スケジュール調整も楽におこなえます。また家庭教師の大半は大学生ですので、塾の先生などとは違いとても親身になって接してくれるでしょう。デメリットは月謝が高いという点です。

費用だけの面から検討すると、塾や予備校に軍配があがりそうです。しかし夏期講習や冬期講習、さらに勉強合宿を開催するケースも多いので、1年を通して考えた場合、実は家庭教師を利用したほうが安かったりします。

■家庭教師の体験アドバイス
>>http://www.xn--tqqu51a6zb3o20y9r6f.com/

こちらのサイトでは家庭教師の派遣サービスを行っている会社の比較情報を掲載しています。沢山の会社がありますので、家庭教師の利用を考えているのであれば、まずは1度チェックしてみると良いでしょう。

デザイン 大学今日は大学でデザインを専攻したいと検討している方におすすめの大学をご紹介します。
東京工科大学
東京工科大学 デザイン学部では、豊かな感性を育み、多彩なグラフィックデザインススキルを手に入れることができます。コースは全部で3つ。鋭い感性を身に付けたクリエイターとして羽ばたけるために必要な総合スキルを学びます。

◇視覚と伝達コース(グラフィックデザイン・イラストレーションなど)
◇映像と構成コース(映像・サウンド・アニメーションなど)
◇空間と演出コース(空間デザイン・空間シュミレーションなど)

同学部の特徴は1・2年時の感性演習Ⅰ・Ⅱにおいて実学としてのデザインをスキル演習と並行しながら学んでいきます。スキル演習では、同校が開学以来行ってきたICT教育・研究実績を軸にしたグラフィックデザインスキルに関するあらゆる手法を徹底的に自分のものにしていく充実のカリキュラムです。

東京工科大学では日本でもトップクラスの最先端な教育環境があります。特に学科で学んだ専門知識を実社会で役立たせることができる魅力的な学科が揃っています。
ご興味がある方は、まずはオープンキャンパスに行ってみましょう!蒲田キャンパス、八王子キャンパスとあなたの街を行き来する無料シャトルバスもありますので是非ご利用ください。